カードローン借り換え完全ガイド|低金利で借金をまとめるのにおすすめの銀行はここだ!

生活に困った時にカードローンの借り換えしたい

とにかく生活にはお金が必要です。
お金がないと何もできません。
お金に困った時に、どうしようもなくてカードローンの借り換えをしないなと思う時があります。
働いてもお金が足りなかったりもします。
残業ができない時もあります。
子どもがいると、なかなか残業もできないですし風邪を引いて病院に連れて行かなければならないなどの理由で仕事を休まなければいけない時もあります。
そうすると給料が下がってしまい、お金に余裕がなくなります。
本当は子どもに苦労はさせたくないのですが、給料日前になると食べ物も節約した内容になります。
子どもが欲しいというものも満足に買ってあげられないので、そんな時は申し訳ないような気持ちでいっぱいです。
給料前に少しだけカードローンの借り換えに頼りたい時があります。

 

初めてのカードローンの借り換え

初めて一人暮らしをすることになったときにカードローンの借り換えをしてお金を調達したことがあります。まだまだ若かったのでやり方すら間々ならずどうしたらいいのかと初めて利用したのがアコムでした。

 

丁度お店も近くにあったからなのですが初めてもあり緊張しながら手続きを済ませましたが以外に親切で助かりました。カードローンの借り換えはあまり良いと考えていなかったのですがそれでもこうやって困ったときには助かるしちゃんと返済していけばとても便利な方法だと思います。

 

カードローンの借り換えは今も困ったときに利用しているので今後もそうするようにしています。

急にお金が必要になるとき

急にお金が必要になるときと言えば、友達の結婚式が挙げられると思います。私は現在アラサーなのですが、友人や同僚が続々と結婚しており思わぬ出費があります。特に、地元の友達が結婚をしたときは、飛行機や新幹線代も掛かります。

 

それ以外にも、ご祝儀や滞在費を含めると、相当な額になっちゃいますね。そして、お金が無いと感じているときに限って、結婚式の報告があったりするので、そんな時に本当に大変ですよね。

 

また、そんなときはカードローンの借り換えを使うことにより、急な入用でも対応が可能になります。そのため、カードローンの借り換えがあれば故郷の友達が急に、結婚式決めても大丈夫だと思います。

旅行先で困ったときに大変便利なカードローンの借り換え

普段の生活でカードローンの借り換えすることはないです。お金に困ったときは貯金から、さらに困れば親に頼むことにしています。困った度にカードローンの借り換えをしていますと、それが癖になってしまうからです。

 

そんな私ですが旅行は別です。海外はもちろん、国内でもカードローンの借り換えできるのは大変便利です。海外は特に高揚感もあってか、結構現金を使ってしまいます。またトラブルに合ったとき、カードがあれば現金を引き出せることができるのですごくありがたいと思っています。

 

私にとってカードローンの借り換えとは旅行先で困ったときの最終手段として利用しています。

 

人生初のカードローンの借り換えは、自分の為ではありませんでした。

 

私は一人暮らしをしているのですが、何しろ給与が低いので常にカツカツの経済状態です。でも、借金だけは絶対にしないと固く心に決めていました。なぜなら、私自身が以前消費者金融で働いていたことがあり、借金の怖さを知っていたからです。ですが、貯蓄も殆どない状態だったので、大きな買い物や旅行などは我慢せざるを得ませんでした。そんな私が遂に銀行のカードローンでカードローンの借り換えしてしまいました。それは自分の為でなく、親友の為でした。親友はシングルマザーで二人の子供を育てながら何個も仕事を掛けもちしていたのですが、私以上にカツカツの経済状態でした。子供がまだ小さいので正社員ではなく、アルバイトやパートを頑張っていたのですが、ある日入院しなければならなくなってしまったのです。子供たちは彼女の母親が預かる事になっていたのですが、彼女の実家も余裕がなく入院費用や家賃などを肩代わりできないとの事でした。彼女は医療保険に入っていたので後から補填はできますが、当面のお金が足りなくなってしまったのです。彼女自身がカードローンの借り換えしようとしたのですが、すでに何社かカードローンの借り換えをしていたようで、それ以上借りれない状態でした。私もさすがに他人の為にお金を借りるのは躊躇しましたが、私にとっては家族も同然の親友なので、その躊躇いは振り切る事にしました。銀行のカードローンは普通口座を作った際に勧められて作ったものだったので、申し込みや審査という面倒なことはなくすぐに借りれました。金額は30万。これは私にとっては大金ですが、お金には代えられないのが親友です。その後無事に退院し、保険金も給付されきちんと返済してもらいました。その給付金で彼女自身のカードローンの借り換えも半分程度返済出来たようでした。人の為にお金を借りるなんて、他人が聞いたら馬鹿だと言われるかもしれません。でも、私にはお金を捨てでも助けたい人がいる、それはとても幸せな事だと思っています。

 

社会的信用が弱い人向け
できれば借金なんてしたくないとみんな思ってますし、どうせするなら信頼できる金融機関から低金利で借りたいと思うはず。
でも、これって本当にお金に困った社会的信用がまだ弱い人には難しいお話だったりします。
私は社会人2年目まで非正規雇用で働いていました。
フルタイム働いているけどパート扱い。時間給での労働です。
大学を出してもらったのにこれ以上親に頼ることは気が引けるという気持ちがある時期。
そんな時に、正規雇用に登用してもらうためにある資格にチャレンジ。
働きながら学校に通学して国家試験を受けて結果資格取得、2年後には正社員登用してもらい給料も上がって借金返済しましたが。
学校に通うためのお金が一人暮らしの生活費の支払いもありパート雇用だった当時はなかなかたまらず。
学校には合格して入学金を支払いしないといけないタイミングであと30万不足していたので消費者金融から借りました。
年収的には当時で200万くらいだったので上限50万の融資金額だったと思います。
月々の返済が1万円。これで借りて通学し資格を取ってからは手当なんもつくし基本給もあがったのですぐに完済できましたが。
最初から正社員である程度もらっていたら例えお金がなくてもきっと大手の銀行とかにフリーローンの相談に行ったんでしょうが、パートでは厳しいですからね。
ま、でも例え利息が高くても借りれただけ助かりました。

 

カードローンの借り換えの機能を申し込んでおいてよかった!
私は、社会人になってすぐの頃、大学時代の友人たちの結婚式が重なったことがありました。元々、地方から出てきて大学に通っていた友人が多かったので、地方までの交通費はもちろん、初めての結婚式だったので、ドレスや靴やバッグなども用意しなくてはならず、さらにはヘアメイク代なども必要になって困っていました。まだお給料をもらい始めて間もなかったので、お金に余裕はなく、突然親にお金を借りるのもあまり気が進みませんでした。そして、結婚式がある週になって、ご祝儀も必要だということに気が付き、銀行のATMでお金を引き出そうとしたのですが、口座の残高があまりに少なすぎて、悲しい気持ちになりました。ご遊戯の3万円を引き出すと、残高がほぼゼロになりそうだったからです。そのとき、カードにカードローンの借り換えの機能を付けていたことを思い出し、使ってみることにしました。操作も特に難しいことはなく、その場で現金を出すことが出来たので安心しました。そのあとの給料日にすぐ返済したので、利息もほぼつかず、失敗しないカードローンの借り換え術というものがあって本当に良かったと思いました。